北京大野木邁伊茲諮詢有限公司・天津大野木邁伊茲諮詢有限公司
市街地再開発・中国進出 | 大野木会計会社概要事業内容ニューズレターセミナー・ガイダンスお問い合わせ

総経理交流会情報

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
第36回総経理交流会のご案内をいたします。
本年6月に『税関調査条例』の改訂が行われ、10月1日から施行とされており、今後税関調査がますます活発化することが懸念されています。また、これに先立ち3月24日は『輸出入貨物通関申告書記入規範の改正に関する公告』が公布され、通関書類への記載事項として、「取引者の間の特殊関係の有無」「価格への影響の確認」「ロイヤルティ支払いの有無」を記載する欄が設けられるようになっています。
この中でも税関が調査重点項目として掲げているロイヤリティ取引について、税関と税務当局ではそれぞれ課税対象とすべき税目が異なることから、それぞれの視点を理解しておくことが重要となります。
そこで今回は、改正が行われた『税関調査条例』と『輸出入貨物通関申告書記入規範の改正に関する公告』の内容と、税関及び税務調査時におけるロイヤリティの論点について解説いたします。
また、上記テーマの他ご参加いただいた総経理・現地法人管理者の方々でのフリートークの場を設けていますので、様々な情報交換の場としてご活用ください


T.セミナーの内容(予定)

税関及び税務調査におけるロイヤリティの論点


U.開催日時・会場

日時
2016年9月27日(火) 15:00〜17:30
会場
天津事務所大会議室
(電話)022-2330-6608
(住所)天津市和平区南京路189号津匯広場2座1401室
定員
15名程度
(今回は天津のみでの開催となります。なお、定員になり次第締め切らせていただきます。)


V.その他

※総経理交流会は総経理のみならず現地法人管理職の方もご参加ください。

※お申し込みの締め切りは誠に勝手ながら9月23日(金)までとさせていただきます。
なお、期日前でも定員になり次第締め切らせていただきます。


W.お問合せ先

※ご参加をご希望の方は以下の参加申込書に必要事項を記載の上、
ファックスまたは電子メールでお申し込みください。
 
E-mail  (代表) china_info@ohnogi-cpa.co.jp
日本人担当者 平出 hiraide@ohnogi-cpa.co.jp
安達 adachi@ohnogi-cpa.co.jp
 
申込用紙  ダウンロード[PDF]
 
FAX  022(2330)-6608
 
※ 電子メールでのお申し込みの方へ
お客様でご契約いただいているメールサーバー会社が中国国内の場合、上記の代表メール宛の送信がエラーとなる場合があるようです。その場合には、お手数をおかけいたしますが日本人担当者のいずれかへメール送信いただけますようお願いいたします。
 

▲ このページのTOPへ戻る